ファクタリングの仕組みとは
2018年2月3日

事業資金調達のためのプレゼンの重要性

業資金の調達、ノンバンクならまだしも、銀行等の金融機関からの調達を視野に入れた場合は、相応のテクニックを要することになります。

企業の資金繰り担当者であれば、日頃から金融機関窓口に出向き、それなりのリレーションを構築していることとは思います。

金融機関とのリレーションとは、自社の財務関係のプレゼンが出来てこそ構築できるものと考えるのですが、たとえば決算年度が終了して初めて金融機関に決算書を提出する時にどのようなプレゼン手法をもって金融機関に決算書を提出するのか、非常に大事になるのです。

ただ決算書にでてきた数字を羅列するだけでは良いプレゼンとはいえません。売上であれ、収益であれ1年間の企業の活動の結果できあがった決算書の数字なのですから、どういう営業方針をもって、またはどういうプロセスをもってできあがった数字であるのかを明確にプレゼンすることが必要なのです。

事業内容の詳細が伴ったプレゼンがあれば金融機関としても決算書を通した個別企業の資金構造の状況が理解でき事業資金の審査がやりやすくなるのです。企業によって、企業を取り巻く経営環境が毎年変わるのと同じように、事業資金の調達手法は毎年変わってしかるべきなのです。

経営環境の変化について、財務面でどのような影響があって、どう対応させていきたいのか、事業資金の調達については未来志向的であるべきなのです。事業資金の調達をスムーズに行うためにも、自社を取り巻く環境の変化について適切に伝えることができる能力が要求されているのです。

タグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です