ファクタリングの仕組みとは
2018年2月6日

事業資金を用意する方法

事業資金が不足している場合、金融機関から借り入れて補うことができますが、一般的にカードローンやキャッシングは使えません。

用途が自由とされていますが但し書きで事業目的は対象外とされているものが多いです。

チェックされないので気付かれにくいですが個人の借り入れを事業に充てると税金の計算で面倒になり、金融機関に知られた場合は規約違反になるので一括返済を求められるリスクもあります。

事業資金を借りる場合にはビジネスローンを検討すると良いでしょう。事業目的に利用できるものであり、無担保で融資までの期間も短いので便利です。

総量規制の対象外になるため個人事業主が消費者金融や信販会社から借りる場合でも年収の3分の1を超えていても問題ありませんが、金利はカードローンと大差がないので金利が低くなる銀行のビジネスローンを使った方が利息を抑えられます。

貸し倒れのリスクがあるため、無担保のビジネスローンでは高額の借り入れでは審査に通りにくくなるので注意が必要です。この場合には不動産や売掛債権などの担保にできるものがあれば担保融資を検討しても良いでしょう。

担保の評価や債権者に権利を譲渡するための手続きが必要なので時間がかかりますが、貸し倒れのリスクが少ないので低金利で高額の事業資金を借りやすくなる特徴があります。

なお、不動産の場合は返済期間を長期にできますが、売掛債権は法人しか使えず期間も1年なのでつなぎ融資が主な用途です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *