ファクタリングの仕組みとは
2018年2月15日

事業資金は金融機関から融資を受けよう

事業資金は、会社の設立などの事業用に使用するためのお金です。

金融機関から融資をしてもらうのが一般的で、通常の借入とは別の事業資金としての審査申し込みになります。審査では事業計画が適切であるのか等の独自の基準で進められ、申し込んだ人物との面談を実施するケースが多く見られます。

経営者の人柄や能力を対面によって判断することで、正しい審査にするのが目的です。色々な金融機関が事業資金を貸し付けているものの、数年間の確定申告の控えか決算の書類を提出しなければいけません。

サラリーマンは勤務先から毎月決まった給料をもらっていますが、経営者は本人が最高責任者だから事業の健全性を詳しくチェックされます。事業の拠点などを確認できることも条件であり、バーチャルオフィス等の実態が見えにくい事務所の場合は審査で不利になってしまう場合もあります。

賃貸事務所を借りる経営者がよくいるのは、資金調達をスムーズにするためです。一般的なキャッシングやカードローンは、事業資金を除いて自由に使用できます。事業資金は専用のローンで借りるのが普通だから、個人が日常生活の支払いに充てるための借入と間違えないように気をつけましょう。

金融機関のホームページでは事業主の方はこちらという説明で誘導しているので、焦らずに事業用途に使える借入のページへ進むべきです。審査結果によって金利と借入限度額が変わるのは、個人向けの融資と同じ仕組みとなっています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *