ファクタリングの仕組みとは
2018年2月18日

事業資金調達は自身に合った方法を探す

何かしらの事業を興す場合、初期投資として開業資金が必要になります。

また、事業がスタートすると運転資金も必要です。これらの事業資金は経営を続ける上で常に必要です。事業資金の調達方法として融資がもっとも多いです。大手で上場する企業であれば、広く株主から調達できますが、小規模な事業の場合融資に頼ることが多いのでしょう。

金融機関でお金を借りる場合は信用度が重要となり、多くは担保融資となります。今後の経営計画や業績などを検討した上で担保を付けた融資が行われるでしょう。自治体等で取り組まれる制度融資を利用するのも良いでしょう。

制度融資は行政が利用者に変わって支払利息や保証料を負担し、また、保証協会の信用保証を受けることで融資がスムーズにいくようにする中小企業者向けの行政サービスです。

しⅯ新規開業する場合補助金が受けられる自治体もあります。また、政府からの創業促進補助金を受けることで、開業資金の一部とすることもよいでしょう。もっとも重要なことは事業運営の計画であり、近年では開業後に5年間経営が続く事業が少ないと言われています。

事業資金調達の裾野が下がったことで、安易に開業し早期で止めるということが当たり前にもなっています。事業を興す場合、とても重要なことは自身が最大の出資者となることです。

軽業のために用意した預金を差し入れ、責任をもって事業を開業するのが基本です。自己資金を注入することで冷静な判断が付くとも言われています。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *