ファクタリングの仕組みとは
2018年2月21日

事業資金の調達方法は色々あります

新しく会社を設立したり、運営していくにはそれなりの資金が必要です。

では会社を作る時やまわしていく為に必要な事業資金はどのように調達したらよいかというと方法はいくつかあります。まず最も一般的な方法は銀行や消費者金融会社等の金融機関から借りるという方法です。

ただ大きな銀行だと審査が厳しいので通らない可能性がありますので、その場合は中小銀行や消費者金融を利用すると良いです。次に地方自治体から助成金や補助金をもらったり、融資を受けたりするという方法があります。

ただ補助金や助成金は申請して、認められたとしてもすぐに現金が手に入るわけではありません。基本的には後払いになり、申請した内容に沿って使用した金額を書類で報告した後に交付されるので今すぐ資金が必要な場合は融資制度を利用したほうが良いです。

ベンチャーキャピタルを利用するという方法もあります。ベンチャーキャピタルはまだ上場していないような会社に対して投資を行ってくれるものです。この場合は事業資金の借り入れを受けるのではなく出資という形になるので、様々なサポートやアドバイスも受ける事が出来ます。

しかし裏を返せば経営に色々と口を出してくるという事でもあるので、会社を自分の思い通りに動かせなくなったり、会社の業績が悪くなると途中で資金を引き上げられてしまう恐れもあるので注意が必要です。

他にも自社の社債や株式を発行して事業資金を集めるという方法も有効です。投資家がこの会社は将来性があると見なせば資金提供をしてくれる可能性もあります。新しい事業資金調達法としてはクラウドファンディングを利用するという手段もあります。

これはインターネットで会社の事業内容を示して、興味を持った人たちから少しずつ資金を集めるという方法です。このように事業資金を集める方法は沢山あるので自分にあった方法を試してみると良いです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *