ファクタリングの仕組みとは
2018年2月24日

事業資金を申し込む際の極意とは

事業資金とは、企業を運営していくうえで潤滑油とでもいうべき必要な資金全般を指していいます。

大別すると運転資金と設備資金の2つに分けられ、運転資金には給料支払資金のような経常的な運転資金、賞与支払や納税資金といった半年に一度発生するような経常外の運転資金にさらに分けられます。

設備資金に関しては、生産のための場所を取得するための資金、また直接生産を行うための機械設備を購入するための資金というように分けられるのが一般的です。事業資金を金融機関から調達するためには、金融機関との日頃からのリレーションが必須となってきます。

運転資金を金融機関から調達しようとする場合は、税務申告書を金融機関に適切に開示をし、今期に必要とされるであろう運転資金額を明確に説明する必要が出てきます。

金融機関では決算書の分析を行ったうえで、必要とされる運転資金額に応じて取引の枠(手形貸付であれば必要運転資金に応じた銀行ごとに定められた枠のこと)を設定し対応していきます。

設備資金に関しても同じように金融機関とのリレーションが大切であり、今期以降どのような設備計画があるかを金融機関側に示したうえで、実際の申込を行っていくことになっていくのです。

工場を取得したいと突然申込しても、印象が悪いのは当然であり、中長期の計画があって、生産のトレンド動向も事前に伝えることで融資案件として前向きに捉えてもらうことが可能になるのです。

リレーションこそが事業資金調達の極意ともいうべきものなのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *