ファクタリングの仕組みとは
2018年3月9日

ビジネスローンにはどのようなものがあるか

ビジネスローンとして使用されるローンには無担保で保証人なしで利用できるものがあり、消費者金融などのノンバンクと銀行のどちらでも利用できます。

銀行で借りる場合は低金利で返済期間が長く、借入限度額が高いメリットがありますが、審査は厳しめで必要な書類が多く、時間がかかるのですぐに借りたいときに対応できません。ノンバンクは即日で融資を受けられる場合もある早さがメリットですが、高金利で返済期間は短めになり、借入限度額も低いものが多いです。

また、信用性の疑わしい業者も存在するため、どこから借りるか慎重に選ばなければなりません。担保を使うビジネスローンもあり、売掛債権を担保にするものと不動産を担保にするものがあります。

売掛債権を担保にする場合には返済期間は短めになるのでつなぎ融資としての利用が適しています。なお、混同されることがありますが、ファクタリングを換金するものなのでビジネスローンではありません。不動産を担保にする場合には評価額によって限度額は変わりますが低金利で高額の借り入れがしやすく、返済期間も長いので負担が小さくなります。

ただし、返済できなくなったときには債権者が担保を売却して資金の回収を行うデメリットがあるので注意が必要です。また、評価額によって限度額が変わるのでその分の時間が追加で必要になるため、即日融資には対応できません。そのため、実際に借りられるまでの日数も考慮に入れて申し込みましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *