ファクタリングの仕組みとは
2018年4月21日

売掛債権担保融資の利用方法

売掛債権担保融資とは、売掛金を担保にすることで融資していただく方法です。

事業の状態によっては現金が必要になった時に売掛金や在庫しかない場合があります。その時に売掛債権担保融資を利用することでキャッシュフローを改善し融資していただけます。売掛債権担保融資では売掛金を担保とするため、すでに不動産を担保としている場合でも基本的には融資していただけます。

また、金額が少額であったり融資期間が短い場合でも融資していただける場合がほとんどです。そのため短期間の運転資金が必要になった場合に利用されることが多いです。売掛債権担保融資では売掛先の企業与信を重視することがあり、売掛先に通知をしなくてはいけない場合がほとんどです。

しかし、銀行によっては売掛先に通知を行わない銀行もあるため、売掛先へ迷惑をかけることなく融資をいただけることもあります。売掛先への通知が必要になると経営不振だと思われる場合や信用がないと思われる場合もあるため、通知を行う場合は注意してください。売掛債権担保融資の注意点としては売掛債権によっては金利が高くなる場合があります。

また、企業の経営状態や取引先によっても金利は変動する場合もあります。ただし、無担保での融資よりは低くなるため利用できるのであれば利用することをおすすめします。また、少額であっても手数料や金利は必要になるため、利用する場合には会社のキャッシュフローの状態を計算し十分に検討する必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *