ファクタリングの仕組みとは
2018年4月24日

企業がいざというときに活用したい売掛債権担保融資

売掛債権担保融資とは、予定されていた期日に支払われる売掛金による利益を銀行もしくは金融企業に融通することで担保し期日前にお金をもらいその後本来もらわれるはずの売掛金の権利は融資してくれた企業にわたります。

本来売掛金というのは企業と企業の取引の際に多額の資金が支払えないときに発行する債務権利で、取引した企業が利益を上げたときに決められた期日以内に資金を用意して後々に支払う約束です。売掛債権は受け取る側の企業にとっては最大の利益になるものですが、ただ企業は単一の企業だけで取引するものではなく複数の企業取引するのは当然です。

そのため複数の企業との取引の際に、その企業が資金が足りないと分かれば円滑な取引が無くなり企業の損になってしまいます。そこで売掛債権担保融資の出番なのです。売掛債権担保融資を活用することによって、他企業で得た売掛債権を担保に資金を獲得できれば別の取引に活用することが出来るので円滑な交渉が可能になるのです。

担保してくれる企業にとっても、この売掛債権担保融資があれば後々に多額の資金が手に入るので埋め合わせが出来るだけでなく利子もつくので経営に役立てられます。ただ売掛債権担保融資を使用する際の注意点としては、その取引した企業の経営状況を見極めることです。

最も避けたい事案が売り家計債券の不渡りであり、これは企業が経営継続が不可能なのに無理に発行したことで支払えなくなり効力を失うことです。効力を失うと担保を約束した企業は依頼した企業に請求することになるので、依頼した企業は支払い義務が生じるので多額の負債を抱えることになるので事前に調べる必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *