ファクタリングの仕組みとは
2018年5月3日

担保融資なら多額の借入ができる可能性が高くなる

担保融資とは、土地や建物などの不動産を担保として金融機関に提供して借入をすることです。

個人だけでなく、法人でも利用できます。事業資金を調達するのであれば、不動産以外にも車輌や設備や商品などの流動資産についても、担保に入れられる場合があります。個人の場合は審査により申込者本人の信用で無担保融資が受けられます。事業資金を借りる場合は、経営者の信用情報や会社の安定性を考えて同様に借入ができるでしょう。しかし、収入が少なかったり規模が小さかったりする場合は、十分な資金が得られないことも考えられます。多額の借入を必要とする場合でも、限度額が低めに抑えられることもありがちです。

担保融資が可能であれば、多額の借入が望めることがあります。万が一返済が滞っても、担保に提供された資産を金融機関側で押収でき売却してお金を得ることが可能です。担保にした資産の価値が高額なほど、確実に利益を回収できるので限度額が高めに設定されるでしょう。また、金利も担保融資の方が抑えめになり、利息分を軽減する効果もあります。

返済が難しくなった場合に代わりに弁済をする連帯保証人も付ける必要がない金融機関も多く、身近な方に迷惑をかけることもありません。担保融資を受ける場合には、融資総額の数%程度の手数料が必要となる場合があり現金を用意する必要があります。提供した担保の資産価値を調べるために実際に借入するまでに数週間かかることもあるので、融資を急ぐ方には向いていないことがあり、余裕を持って申し込みをするのが鉄則です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *