ファクタリングの仕組みとは
2018年5月6日

注意が必要な担保融資もある

担保融資はお金を借りるときに担保を用意しているので、低金利で利用できるというイメージがあり、銀行や安全な消費者金融ではこれが当てはまります。

しかし、通常であれば利用する必要性のない悪い条件で融資を行っているところもあるので注意しましょう。車を使った担保融資は全く得ではありません。法定金利の上限である18%を適用しているだけでなく、別途手数料も要求されるため、実質的には法定金利を超えています。審査は緩く、ブラックリストの人でも借りられるので、銀行や消費者金融から契約を断られた人には便利かもしれません。

しかし、車を売ってしまった方が良い場合が多いので、どちらにするべきか十分な検討が必要です。闇金融が多く、返せないと違法な取り立てが行われることもあります。なお、車は利用者が返済中に処分する恐れがあるため、個人が所有している場合は担保として認める銀行はありません。公的機関以外が行っている年金を使った担保融資は絶対に使用してはいけません。

公的機関以外には認められていない違法行為なので、その融資は確実に闇金融なので危険です。騙されると年金を搾り取られてしまうので注意しましょう。不動産を保有している必要がありますが、利用するのであれば銀行の不動産担保ローンなど、安全なところから借りるのが適切です。低金利で返済期間も長く、月々の負担が少なくなります。公的機関の年金担保融資も金利が非常に低いので便利です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *