ファクタリングの仕組みとは
2018年5月21日

売掛債権担保融資を利用するメリットとは

売掛金を速やかに資金化して資金繰りの問題を解決したいという場合によく利用されるのが売掛債権担保融資とファクタリングです。

この2つは何かと比較されることが多く特に初めて売掛金を現金化しようという場合にはどちらのサービスを利用すればよいのか迷ってしまう経営者も少なくはありません。ファクタリングと比較した場合に売掛債権担保融資にはどのようなメリットや融資性があるのかについて解説を行っていきたいと思います。売掛債権担保融資の絶対的なメリットとして真っ先に挙げられるのが、負担しなければならない利息や手数料が割安だという点になります。

ファクタリングは売掛金を売却するため契約後に返済の義務がないなどのメリットがあるのですが、場合によっては手数料が売掛金の数十パーセントとなっていることあり、売掛債権担保融資を利用したほうが支払う手数料が圧倒的に少ないということも珍しくないのです。また売掛債権担保融資を利用して調達した資金については返済の義務があるのですが、返済は分割払いが可能なのでキャッシュフローにゆとりがない場合には融資を選ぶのがおすすめなのです。

加えて借りた資金を設備投資等に利用するのであれば融資を利用することで減価償却によって会計処理ができるため、支払う利息などの負担をさらに軽減できるというメリットがあります。手数料の比較や獲得した資金をどう活用するのかについてははっきりさせ、より融資が良いのかファクタリングが良いのかをしっかり見極めてからサービスを利用すると良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *