ファクタリングの仕組みとは
2018年6月3日

担保融資はおまとめにも活用できる

少額の借入が複数あるときに役立つのが担保融資で、低金利の大口ローンでおまとめに活用できます。

複数のローン契約をしていると契約状況の把握が難しくなってくるので、一本化して早めに完済しておく必要があります。借入件数が少ないほど新しくローン契約をするときに有利になりますし、何より自分自身も返済するときに楽です。収支のバランスを健全化するためにも、担保融資で小口のローンは一本化していきましょう。消費者金融をおまとめに使用する場合、総量規制が障害となってきます。

年収の3分の1までしか借りられないので、今借入している融資を完済するだけの借入ができない可能性があります。銀行ローンは総量規制の対象外ですが、キャッシングやカードローンで借入できる金額は大きくありません。100万円も借入できれば相当に多く、現実的にキャッシングなどの多目的融資1件で数百万円の融資を受けている人は少ないはずです。しかし複数社のキャッシングで数百万円の借入をしている方は多いので、こうした場合は大口ローンで一本化するメリットが大きくなります。

担保融資は自由な目的に使用できるものが多く、もちろん総量規制の対象にはなりません。担保価値の7割程度まで借入ができますし、キャッシングと同様に繰り上げ返済もできます。確実に返済する計画ができているなら、担保融資を利用したほうがいい場合もあります。返済に困ったときはローンを一本化すれば債務整理を避けられることが多いです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *