ファクタリングの仕組みとは
2018年6月9日

担保融資のメリットとデメリット

金融に詳しくない人は担保融資と言われても今一つピンとこないのが普通です。

簡単に説明しますと、融資は「貸し出すこと」で、担保は「保証となるもの」です。誰でもそうですが、お金を貸すときは返してくれるかどうか不安になります。その不安を解消するには返してもらえないときの代替のものを受け取っておくことです。そうしますと、仮に返済されないときはその代替のものをもらえば貸したお金を返してもらうのと同じことになります。今の時代は利用する人は少ないようですが、質屋さんはモノを預ける代わりにお金を借りるシステムです。

質屋さんはブランド品のバッグなどが一般的ですが、それがまさに担保です。ですが、質屋さんと金融機関との違いは貸出す金額の大きさです。通常担保は不動産が一般的ですが、融資には担保をつける方法とつけない方法があります。担保をつける融資が「担保融資」ですが、メリットは融資の高額な金額が可能なことです。

なぜなら、融資する側にしてみますと、回収不能のリスクを減らすことができるからです。また金利が低いこともメリットですが、これも回収不能のリスクが低いことが関係しています。「担保融資」のデメリットは手数料が発生することです。その理由は抵当権の登記費用や不動産の評価額を鑑定する必要があるからです。そして、最大のデメリットは返済できないときに不動産を失うことです。メリット・デメリットの両方を理解して利用することが大切です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *