ファクタリングの仕組みとは
2018年6月12日

担保融資の意味と種類

担保融資とは債権者に債務者が返済を保証する為に提供されるものの事です。

融資を受ける時は債権者と債務者の双方の合意があって成立しますが、債権者が担保として返済を保証できる物を用意して欲しいと言われれば債務者はそれを用意する事になります。担保を用意して融資を受けても返済が問題なくできていれば債権者が担保に手をつける事はありません。もし返済が滞って予定通り返済できない時は設定されている担保によって返済を求める事ができます。担保融資には大きく分けて二つあって人的担保と物的担保に分けられます。

物的担保とは債務者が持っている不動産や株式等の証券などを担保にする方法です。人的担保は債務者本人が返済ができない場合に代わりに返済してくれる保証人を設定する事です。当然保証人を設定する時は保証する人にも了承を得ないといけないもので、勝手に債権者と債務者で勝手に設定できるわけではありません。融資をする時には必ずしも担保を設定しないといけないわけではありません。

それでも担保融資の場合は担保なしの場合と比べて債務者にも債権者にもメリットがあります。債権者としては返済が行われないというリスクを軽減する事ができるので、融資をする上で最大のリスクを回避できます。返済の保証を取れた事で債権者側も利息を下げる事ができるので、担保を用意する事で債務者は低い金利で借りる事ができます。返済の確率が高まる事で金利だけでなく、返済期間も長期にしてもらいやすいです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *