ファクタリングの仕組みとは
2018年6月15日

日常生活にも関係のある担保融資

一般の人は担保融資を企業が事業を行う際に利用するものと認識しています。

しかし日常生活においても深く関係しており、代表的なものには人的担保と住宅ローンの2つを挙げることができます。また、不動産カードローンもその1つであり、特徴の1つにはまとまった金額を借りられることがあります。不動産カードローンは不動産を担保に差し出すことから担保融資として理解されやすい面があります。一方、他の2つは認識されていない側面があり、まず、人的担保は、多くは連帯保証人を付けることで借入できる担保融資になります。

一方、住宅ローンは自宅を担保としての借入です。勘違いしやすい理由は、既に保有していた不動産を担保とするのではなく融資手続き時に担保設定されることがあります。住宅ローンでは土地や建物に抵当権設定が行われますが、これは、住宅を担保として融資を受けていることを意味します。人的担保にしても住宅ローンにしても、利用ではリスク面をよく理解しておくことが重要になります。

最も大きなものとしては債務の不履行があり、人的担保の場合には連帯保証人に債務の返済が求められます。住宅ローンでは自宅売却があり、返済できない場合に処分をすることになります。住宅ローンでは強制競売を心配する人も多くいますが、最初から手続きが行われることはありません。通常、金融機関等と相談するなど善後策を講じることになり、任意売却が無理な場合や連絡が取れないなどの場合に強制競売へと移行します。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *