ファクタリングの仕組みとは
2018年7月9日

銀行が提供するカードローン

カードローンは消費者金融会社が提供するサービスが有名ですが、銀行や信販会社でも提供するものもあります。

カードローンは、個人向けで担保なしの融資になっています。担保なしでお金を貸し付けるため、利用者の信用が重視されるローンとなります。返済していく方法は様々なのですが、一般的に借りたお金の金額に応じて月々に八千円や一万円といった、前もって決められている返済金額で返済をしていく残高スライド定額リボルビング方式という方法が主流となっています。

また、月々の返済を滞らずに継続していれば、限度額の範囲内で何回も引き出して利用することができます。カードローンによる融資は大手の都市銀行が提供するだけでなく、近頃では地方銀行でも提供している所が多くなってきています。消費者金融会社と比べてみると、金利が低いものがほとんどです。お金を貸し出している金融機関が発行したカードを使って、ATMでお金を借り入れたり、返済したりすることができます。

銀行が提供しているカードローンには銀行法が適応されるため、年収の三分の一までの金額しか借り入れることができないという総量規制がかけられません。そのために、ある程度まとまったお金を借り入れることが出来るというメリットがあります。銀行が提供しているカードローンは保証人を立てる必要がありませんが、銀行による仮審査と保証会社による本審査を受ける必要があります。そのため消費者金融会社と比べると、審査が厳しいです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *