ファクタリングの仕組みとは
2018年7月18日

カードローンの契約で行われる在籍確認とは

カードローンやキャッシングを申し込んだら、必ず「在籍確認」が必要だと言われていますよね?中には、勤め先やアルバイト先に「在籍確認」をされるのが嫌なので、カードローンを申し込まないという方もいらっしゃるようです。

「在籍確認」とは、契約をする本人が実際に記載した勤務先に所属をしているのかどうかを、電話連絡で確認を行うことです。もちろん、契約する業者側も信用問題ですので、決して会社名を出したり、あなたがお金を借りようとしていることがバレるような言い方はしません。一般的には、カードローンの業者名ではなく、担当者の個人名などを名乗って電話を掛けてくることが多いのです。

たとえ、会社の同僚や上司が偶然電話に出て、何かを聞いたとしても決して内容を明かすようなことはありませんので、安心して申し込みをしましょう。とはいえ、やはり気まずいので、抵抗があるという場合には、ごく一部ですが、WEBのみの審査申し込みや契約手続き、利用開始を行うことや保険証を提出することで、在籍確認が不要というカードローン会社もあります。

また、「在籍確認はしてほしくない」と伝えれば、確認を避けてくれる業者もあるようです。しかし、たとえそこで在籍確認を逃れたとしても、提出する書類内容に虚偽や不備があったり、返済が滞ったりすれば、確実に勤務先に電話が掛かってきます。基本的には、きちんと借りてきちんと返すということが大前提となります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *