ファクタリングの仕組みとは
2018年7月24日

銀行系カードローンのメリットとデメリット

カードローンの中でも銀行が運営をしているものに関しては「銀行系」として分類がされます。

貸金業法が改正されたことで貸金業者に変わる新たなカードローンとして人気を集めるようになりましたが、ではこの銀行系カードローンのメリットは何かというと、やはり大きいのは総量規制の影響を受けないことです。融資の合計額を年収の3分の1までに制限する総量規制は貸金業法によって規定されているものですから、銀行法に基づいて営業をする銀行には関係がないことなのです。

そのためほぼ信用だけを判断基準として限度額が決められることになりますから、人によっては消費者金融から借りるよりも高額な借り入れが可能になります。また消費者金融と比較すると金利が低いこともメリットになるでしょう。金利は返済額に大きな影響を与える要素ですから低ければ低いほど借りる側にとって有利になります。もちろん借入額が大きくなるほど金利が低くなるという特徴があるためどのような場合でもごく低い金利になるわけではないということは知っておく必要がありますが、消費者金融と比べれば金利は低くなる傾向が強いため最終的な返済負担が抑えられるということがメリットになるのです。

ただその反面デメリットになるのが審査の厳しさです。消費者金融ではスムーズに融資を受けられたという人であっても銀行系カードローンの場合は審査の結果融資ができないとされることもあり、審査基準は概して高めに設定されています。総括すると銀行系カードローンは審査が厳しく融資を受けられないとされることもあるものの、利用出来ればかなり有利な条件で借りられるということになるでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *