ファクタリングの仕組みとは
2018年8月9日

契約しやすいカードローンとそうでないもの

金融機関が発行しているカードローンにもいろいろなものがあります。

その中でも契約しやすいものとそうでないものがあります。契約しやすいということはそれだけ融資に積極的であり、リスクの高い人にも融資をしているということになります。一般的に銀行のカードローンよりも消費者金融のカードローン、特に中堅消費者金融のものが契約しやすいといわれています。中には過去に金融事故を起こしてしまった人に対しても融資している会社もあります。金融事故、つまりブラックリストに入ったから必ずカードローンの契約ができないというわけではないのです。

現状債務がなく、安定した収入があれば融資をしてくれる会社はあるのです。ただし美味しい話に釣られてヤミ金と契約しないように注意をしましょう。日本の上限金利は10万円未満の融資で20%までと制限されています。それ以上の金利で契約しようとする金融機関はヤミ金の可能性が非常に高いです。もし自治体に登録されているような金融機関が20%以上の金利で契約した場合、行政処分の対象となります。

過去には20%以上で契約していた会社もたくさんありますが、各社過払い金として返還手続きを行いました。返還申請がないと返ってきませんので、もし20%以上の金利で契約していたことがあるのであれば弁護士や司法書士に相談してみると良いでしょう。場合によっては借金がゼロになるだけでなく、お金が戻ってくるようなこともあります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *