ファクタリングの仕組みとは
2018年9月3日

売掛債権の特徴や種類

企業間の取引では現金支払いがされることはほとんどありません。

契約書を交わして後日に支払う約束をするのが一般的です。このときに後払いを約束するのが売掛債権ですが、その中でも代表的なのが売掛金です。俗にいう「ツケ」も売掛金であり、後払いを約束したものを全般的に売掛金といいます。基本的には納品書や受領書を交わしてそれが証拠となります。納品書や受領書には法的な効力が弱いという問題点があります。それらに比べて安全性が高いのが受取手形です。

手形という証券が発行されるので現金に近い同じ価値があり、手形割引を利用することで即時に現金化も可能です。「売掛債権=売掛金」と誤解をしている人がいますが、売掛債権には売掛金と受取手形の二種類があります。売掛金には「ツケ」などの口約束も含まれるのでその範囲は広いです。売掛金といえば「売掛債権のうち受取手形ではないもの」と覚えておくとよいでしょう。

このうち、受取手形が手形割引で即時現金化できるのに対して、売掛金は基本的に約束の期日が来るまではお金を手に入れることができません。一般的には数か月後に500万円を指定の口座に支払うというような約束がされますので、数か月は待たなくてはなりません。売掛金をすぐに現金化する方法として、売掛債権担保融資とファクタリングがあります。前者は融資という名前がついている通り借金であり、後者は売掛金を買取してもらうものです。どちらにもメリットとデメリットがありますので、よく比較をしてから決めましょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *