ファクタリングの仕組みとは
2018年9月9日

担保融資の特徴とは何か

一般的なカードローンなどを利用するときには保証人や担保がなくても借りることができます。

しかし、返済できなくなったときに債務整理をされると金融機関側は損失になるため、高額の融資を受けるのは難しいです。これに対して不動産などの担保を用意することで利用できるのが担保融資です。担保にできるものは様々なものがありますが、例えば不動産担保融資であれば、その評価額に応じた金額を借りることができます。

返済できなくなったときには担保を売却して資金を回収でき、利用者側もこの問題があるためカードローンなどと比べて計画的に利用するので金融機関は貸し倒れが起きる危険性が少なくなります。これにより適用される金利も少なくなるのがメリットです。通常の不動産担保融資の場合は事業資金には使えませんが、基本的に用途は自由であるため他の借り入れをまとめることで金利を下げて返済の負担を抑えたり、生活費に使うこともできます。

また、ビジネスローンで不動産を担保にするものであれば、事業にも使うことが可能です。デメリットは前述したように返済できなくなったときには担保が売却されます。これは財産を処分する必要のない任意整理や個人再生などを利用するときでも守ることはできません。借り入れをする際に担保の抵当権が移っているからです。そのため、利用するときには本当に返済できるのか十分に検討する必要があります。返済できる場合は金利が低いので非常に便利な借り入れです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *