ファクタリングの仕組みとは
2018年9月12日

不動産担保融資を利用するときの注意点

不動産担保融資を利用するときには注意点もあるため、特徴を理解してから利用を検討しましょう。

まず、担保があるので低金利で利用できるメリットがありますが、実質の金利を把握する必要があります。銀行でもノンバンクでも金利が低い代わりに各種手数料を高くしており、実際に支払う総額が高くなる場合があります。比較するときは手数料なども含めて本当に有利な条件がどこであるのか調べなければなりません。担保融資の仕組みの基本ですが、返済できなくなったときには担保を失うことになります。

抵当権は金融機関にあるので拒否することができません。財産を残すことができるとされる任意整理や個人再生でも担保を守ることはできませんので、返済できるのか分からない状況で居住している不動産を担保にするのは危険です。緊急時には対応できないことにも注意しましょう。限度額は不動産の評価額の影響を受けるので、査定する時間が必要です。

余裕を持って申し込まないとお金が必要なタイミングに間に合わなくなります。不動産担保融資を利用するときの誤りに借り過ぎも挙げられます。評価額が高ければ高額の借り入れが利用でき、金利も低くなりますが、借り入れ額が増えれば低金利でも利息は高くなります。借りられるからと必要以上の金額を利用することで利息の負担が大きくなり、返済困難になるケースもあるので注意しましょう。必要な金額だけを借りることが安全に利用するために重要になります。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *