ファクタリングの仕組みとは
2018年9月15日

担保融資には何があるか

担保融資には様々なものがあり、適している用途なども異なります。

一般的な人でも利用できるのが不動産担保融資であり、事業性の資金には使えませんが、自由に使えるので利便性が高いです。ビジネスローンで不動産担保を利用できるものであれば事業資金に使うこともできます。評価額によって借りられる金額は異なりますが、必要上に借りると低金利でも利息が高くなって返済できなくなるので注意しましょう。企業などが資金調達に使えるのが売掛債権担保融資です。

企業間の取引で利用される売掛金で未回収のものを担保にする融資です。借りられる金額は売掛債権自体の金額に加えて相手の企業の規模も考慮され、大企業であれば高く、中小であれば低くなります。基本的に支払われるまでの期間が短い権利なので借り入れは1年間になり、入金されるまでのつなぎ融資として利用することが多いです。年金受給者が利用できるのが年金担保融資です。

カードローンなどを使う場合と比べて低金利で利用できるのが特徴であり、保証人は必要ですが、いない場合でも金利を上乗せすれば利用できます。返済は毎月の支給額から天引きされるので、使い過ぎると手取りが減って生活費が圧迫されます。なお、年金を担保にした融資が認められているのは公的機関だけであり、年金が振り込まれる通帳や印鑑を差し押さえることもありません。公的機関以外が行っていれば違法な悪徳業者ですので、騙されないように注意します。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *