ファクタリングの仕組みとは
2018年9月18日

担保融資の特徴と利用するときの注意点

担保融資はカードローンなどとは異なり、利用するための担保を必要とする融資です。

金融機関が融資を行うときにリスクになるのが貸し倒れによる損失ですが、担保があることでリスクが軽減されているため、高額で低金利な借り入れがしやすくなっているのが特徴です。利用する際の注意点は担保融資の種類によって異なります。不動産担保融資を利用するときの注意点は、金利の他に手数料もかかることです。不動産の評価を行ったり抵当権の変更手続きなどで各種費用が発生しますが、これが各金融機関で異なっています。

低金利で利用できるので得だと思っていたら、手数料が高すぎて実際には他社の方が条件が良かった、ということもあります。ノンバンクだけでなく銀行でも行われている手法であるため、利用先を比較するときには全体の金額で考えましょう。なお、住宅ローンの残っている不動産の場合、担保にできるところと認めていないところがあります。企業が売掛債権を担保にするときに注意するのが売掛先への通知です。

通常は返済できなかったときに権利が譲渡されて通知が行われますが、金融機関によって契約した段階で通知する場合もあります。資金難に陥っていると誤解され、今後の業務に悪影響が出ることもあるので、仕組みを確認してから申し込むと良いです。また、譲渡を禁止する特約のある売掛債権の場合は外すように依頼しないと利用できないため、知られずに担保にすることができません。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *