ファクタリングの仕組みとは
2018年9月21日

不動産担保融資のメリットとデメリット

不動産担保融資は担保があることで貸し倒れの危険性を抑えることができるので、高額で低金利の借り入れをしやすくできるメリットがあります。

返済期間も長くできるため、月々の負担を抑えられます。様々な用途に使用することができるので、多重債務をまとめて利息の負担を軽減することに使うこともできますし、カードローンなどと同様に生活費に充てることもできるので便利です。不動産担保融資のデメリットは、融資額の上限を算出するために担保を評価する必要があるため、申し込んでから借りられるまでに時間がかかることです。

すぐにお金が必要になる場合には間に合わない恐れがあるので、早めに行動しましょう。各種手続きで手数料も発生するので、これも含めた実質の金利でどこを利用するべきか検討する必要があります。例えば現在利用している低金利の目的ローンから不動産担保ローンに借り換えたところ、手数料が高くなって支払い総額が増えてしまうケースもあるので注意します。不動産担保融資は返済できなくなったときには担保を売却することで支払いに充てる仕組みです。

しかし、不動産の相場が下落するなどして完済できなくなるケースもありますが、この場合は残高は免除されません。金額は大幅に減っているので返済の負担は軽くなっていますが、支払いを続けることになります。低金利であることと利息が少ないことは必ずしも同じことではないことも理解する必要があります。借り過ぎたことで利息が返済能力を超えてしまうことがあるため、必要最小限の借り入れにした方が良いです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *