ファクタリングの仕組みとは
2018年12月3日

売掛債権の効率運用によるコスト削減

事業を営む目的は利益を上げてお金を増やすことですが、利益を上げることとお金を増やすことは必ずしもイコールではありません。

会社の財産価値の評価法として純資産評価という手法があり、資産から負債をさし引いた純資産の金額を会社全体の価値と考えます。会社の資産が多くても負債が大きければ純資産は小さくなり、会社の価値もそれだけということになります。また、会社の資産は現金や預金だけではなく、売掛債権や棚卸資産、固定資産なども会社の財産の一部です。つまり、会社の持つ現金や預金以外の財産、売掛債権や棚卸資産、固定資産などが大きいと、それだけ会社の現金や預金や小さくなります。

そこで、借入金などの有利子負債を小さくするためには現金や預金以外の財産を効率的にスリム化させることが有効です。そのために、在庫の棚卸資産は売り逃しをしない範囲でできるだけ小さくすること、売掛債権はできるだけ短期間で現金化して、事業資金として活用できることがポイントになります。

売掛債権の現金化は、取引先に決済期間の短縮を求めるとそれによって売り上げが減少してします可能性があるため、売掛債権担保融資など、債権の流動化によって行うのが効果的です。既存の債権担保融資の手法としては、手形を利用した手形割引があり、手続きとしては類似していますが、物理的な手形を介さずに売掛金を直接担保にすることで通信費や印紙などの付随コストの削減も図ることができます。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *