ファクタリングの仕組みとは
2018年12月9日

売掛債権を利用して事業資金を調達する

企業の取引で使われる売掛金は発注する側はそのタイミングでお金を用意する必要がないので便利なものですが、受注する側は入金までに時間がかかってしまうので一時的な資金不足に陥ることもある問題があります。

特に資金に余力のない中小企業にとって無視できないものであり、これを解消するための方法に未回収の売掛債権を利用した事業資金の調達があります。まず、これを担保にしてお金を借りられるのが売掛債権担保融資です。返済できなくなったときに代位弁済を行う保証を利用する必要がありますが、その対象になるのは資本金や従業員の人数で中小企業とされる場合です。

1年間の契約期間で毎月返済していくもので、売掛先に知られずに利用できるものが多いですが、借りたときに通知する金融機関もあるので注意します。審査では自社だけでなく売掛先の信用も重視されるので、取引実績が短い場合などには落ちることがあります。お金を借りるのではなく売掛債権を売却する方式がファクタリングです。これは2社間と売掛先を交える3社間の2種類があり、それぞれにメリットとデメリットがあります。

2社間はスムーズに手続きが行えますが、支払いできなくなる危険性が高いので手数料が高くなります。3社間の場合は手続きに時間がかかり、売掛先にも利用を知られてしまうデメリットがありますが、手数料が2%前後になるものもあるのがメリットで融資を受けるよりも低いです。状況に適しているものを選ぶと良いでしょう。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *