ファクタリングの仕組みとは
2018年12月18日

売掛債権と貸し倒れの可能性

売掛債権つまり売掛金は、簡単に言うとつけのことです。

このつけは口約束などのものも含むため、昔ながらの商売を行っているところなどでは、慣れ、今までの慣習でつけ払いすなわち売掛金で取引を行うケースも少なくないです。しかしながらこのつけ払いは後々問題になりやすいものですから、避けた方がいいことも多くなっています。その主な理由としては貸し倒れの危険性が高いことです。

取引先が倒産などをしてしまった場合に、全額返ってこなかったりあるいは一部しか返金がされない可能性があります。銀行などの取引先や利害関係者からは、この危険性があるためなるべく売掛債権にしないように求めることがあります。小売業などでは最近特に、この危険性及び現金払い及び大量に仕入れることで、値引きをし易くする対応をとるところも増えています。

いつ回収出来るか分からない売掛債権よりは、すぐに現金で支払ってもらった方が安心だからです。また回収のために時間も人手もかけなけなければならないことを考慮すると、自然と現金商売に移るところも出ているわけです。取引先からすると現金で支払ってもらった方が後腐れがありません。

値引きなどを考慮してもお得と考えるケースが出るのは自然です。いろいろなリスクや無駄を省く意味でも売掛債権を極力減らし早期に代金回収を行うことで、商売をやりやすくしていくところが増えています。昔ながらのつけ商売は難しくなっていく状況です。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *