ファクタリングの仕組みとは
2018年12月21日

売掛債権を現金にする方法

売掛債権は商品を納入したり、サービスの提供が行われた際に現金の代わりに払い出されるもので、売買契約に基づく期日に現金に換えることができるものですが、企業によってはその支払いを待つことができない場合も少なくありません。

頃状態が悪化する中で様々な支払いを抱えている企業も多いため、支払い期日以前に現金を入手したい場合も多いのです。この際に売掛債権を元気にする方法としては様々なものがあります。しかしこれらにはそれぞれ特徴やリスクもあるため十分に注意して選ぶことが必要です。古くから行われているものに手形割引があります。これは売掛債権を担保として手形を金融機関に振り出すもので、手数料を差し引いた金額を現金でその場で入手できますが、手形の期日には額面の金額でこの手形を買い取らなければなりません。

万が一取引先からの支払いがなく現金が支払えない場合には手形の不渡りとなり、重大なトラブルに至ることになります。その他最近よく利用されている方法としてはファクタリングがあります。これは売掛債権を金融機関に買い取ってもらうもので、債権の額面に比べて手数料が高額であるため大幅に低い金額となってしまう面がありますが、金融機関に買い取らせることからこの金額を返済する必要がありません。

また万が一取引先が支払いを行えない場合でもそのリスクは地域間が負うことになるため、安心して支払いなどに利用できる方法となっています。そのため最近では売掛債権の現金化の方法にこのファクタリングを利用する企業が非常に増えているのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *