ファクタリングの仕組みとは
2019年1月9日

カードローンの融資の上限は規制によって決まっている

貸金業者が提供するカードローンのサービスには、一般的な融資に対しては適用されないいくつかの制限や消費者を守るための規定が存在します。

その中で重大な意味を持っている規制の一つに総量規制という特別な規制が存在します。本来、消費者に対してお金を貸す時にはお金を貸す会社が自己判断で融資の金額を決めることが出来ます。例えば、銀行は多額の資金源が存在しますので大手の会社に対してお金を貸す場合に数億円から数十億円というお金を貸すこともあります。一方で、貸金業者ではそのようなことが出来ないようになっていて、必ず法律的な上限が存在します。

この上限を決めているのが総量規制という規制というわけです。貸金業のカードローンは、銀行などと比べて直接的に個人の消費者に対して影響をあたえる度合いが大きな融資のサービスなので、好き勝手に金額を決めて良いとなると消費者への負担が著しく大きくなってしまうことも考えられます。そこで、お金を借りる消費者の年収を基準とした総量規制という規制を設けることで健全なお金の貸し借りをすることが出来るようにしています。

総量規制は、貸金業のキャッシングやカードローンでお金を借りることが出来る人の年収の三分の一を基準として上限を設定することによってより安全な融資をすることが出来るようにする規制のことを言います。この規制がある影響で、カードローンでは容易に即日審査の即日融資ができるようになり、誰でも気軽に借り入れができるようになっているのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *