ファクタリングの仕組みとは
2019年1月12日

カードローンの限度額はどうやって決まる?

カードローンの限度額は、申込者の経済力、信用力、他社借入などを考慮して決められます。

年収は多いほどいいですが、安定性も重視されるのです。同額の年収であれば、非正規雇用よりも正規雇用のほうが審査で有利となります。過去のローン利用状況も考慮され、過去に遅延がない方は有利となります。他社借入は少ないほど有利なので、減らすための工夫も必要でしょう。借入先を増やす前に、今利用しているローンから増枠を受けられないか検討することも大切です。延滞することなく返済を続けている方なら、金融機関側も交渉に応じてくれるでしょう。

総量規制の対象になるカードローンの場合、借入できる限度額は年収の3分の1以内です。最高700万円といった高額カードローンを見かけますが、限度額が大きいのと実際に借入できるかは話が別です。年収2,000万円の方でも、700万円を借りることはできません。限度額は契約中に増額されることもあります。契約段階では少ない金額になるのが普通ですが、利用期間が長くなると信用力も構築されてきます。

カードローンの利用において信用力を高めるためには、利用実績を積み重ねるしかありません。借りたお金を延滞せずに返すという当たり前のことを繰り返すだけです。最初は30万円くらいの融資が一般的ですが、段階的に100万円まで引き上げられるケースは多いです。100万円超になると1社から借りるのは厳しくなるため、2社目に申し込みする方が多くなります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *