ファクタリングの仕組みとは
2019年2月15日

介護とファクタリングとは

最近、資金調達法として人気を集めているのが、ファクタリングです。

事業所の立ち上げやスタッフの増員など、介護の世界でも資金調達が必要となることは多いです。介護の世界にも、ファクタリングサービスがあります。借入ではなく、保有債券を有効に活用するサービスなので、人気が高いです。介護保険は国の制度なので、国に対しての介護報酬債権を有することになります。そのため、帳簿上は売掛金の扱いとなります。

ファクタリングを利用すると、会社によっては、保険給付費用を請求してから最短5日で介護報酬債券の現金化が可能です。キャッシュフローの改善を図ることができ、持っている資金を、有効に活用できます。通常では、入金まで50日くらいかかるところを、5日から10日くらいに大幅に短縮することが可能です。不動産などの物的な担保や個人保証は不要で、銀行借入れ枠の温存ができ、資金調達手段の多様化を図ることができます。賃貸対照表の改善も図れます。

保証金や担保が必要ないことも、ファクタリングの特徴です。ファクタリング会社は、日本に数多く存在します。サービス内容はもちろん、手数料やサポート体制など、様々な内容を比較して、最も安心して任せられる会社を選ぶことが大事です。サービスを導入する場合、会社によっては、いくつかの利用条件を満たす必要があります。中には、国保連伝送の時に、専用ソフトの導入が必要になることもあります。事前に、サービス会社と詳しい部分を確認することが大事です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *