ファクタリングの仕組みとは
2019年2月24日

介護事業でファクタリングを利用することがあります

介護施設においては、利用者から支払われる料金と、国から支払われる介護保険が主な収入源になっています。

それらの収入を元にして、職員を雇ったり、施設の家賃を支払ったりしているのです。また、建物内部に設置するための設備なども、整えなければなりません。しかし、利用料金や介護保険が支払われるのは、翌月か2ヶ月後くらいになることが多いです。それまでの間は、将来入って来る収入金額は確定しているものの、使うことはできません。

そこで資金を流動的に使用できるようにするためのものとして、ファクタリングが便利です。介護事業者の中でファクタリングを利用している人は意外に多く、事業を円滑に進められる秘訣とも言えるでしょう。ファクタリングは、売掛金債権の買取を行ってもらうものですが、老人ホームなどの場合には一般企業の売掛金債権よりも安全性が高いです。その理由は介護保険があるためです。国が相手であるため、ほぼ確実に支払ってもらうことができます。

また、利用者が支払う料金は、費用の1割だけという点も老人ホームなどが有利な理由の1つと言えます。そういったことから、老人ホームなどの施設では、ファクタリングの審査が通りやすいのです。収入が2ヶ月程度早まることで、事業に使える資金が増えることになり、円滑に施設運営をすることが可能になります。ファクタリングの利用により、キャッシュフローの状態が良くなり、経営も安定するでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *