ファクタリングの仕組みとは
2019年3月6日

介護給付金のファクタリングは有効か

介護給付金ファクタリングは、介護施設などで発生する介護サービスの料金を早く回収するためにその給付金の請求権を債権会社に売却することで早期に現金を回収する方法です。

介護給付金制度は介護サービスを行った後サービスの対価を保険事業者に請求することで、その内容を審査した後給付金が事業者に支払われることになります。但し、支払われるまでに二カ月程度の期間が空いてしまうため、その間は現金が入らないことになります。多くの事業者は従業員を雇用していることが多くその給与や、施設の電気代や通信費などの費用の支払いが発生するため、その資金繰りが大きな問題となることが多いのです。介護給付金のファクタリングはこのような介護施設のキャッシュフローを改善するために非常に有効です。

早期に現金を入手できるので支払いなどの原資となる現金が入手できることは大きなメリットとなります。介護給付金の場合には一般的なファクタリングとは異なり、債権の安全性が非常に高いため、手数料が安くできることも介護事業者には大きなメリットとなります。一般的なファクタリングは債権が回収できないリスクも有りますが、介護給付金の場合には保険機関が支払うため基本的には確実に支払われるものです。

その為、確実に回収できる債権であることからその安全性が高い為手数料が安いのです。このような点もこのサービスの大きなメリットとなり、立ち上げたばかりでキャッシュフローが安定しない事業者にとっては大きなメリットのあるサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *