ファクタリングの仕組みとは
2019年3月18日

介護ファクタリングの介護給付金の前払いの仕組み

介護報酬ファクタリングサービスとは、介護事業を行っている事業者が国民健康保険団体連合会に対して請求する介護保険給付金を前払いすることによって資金繰りを安定化させることができ、現在の介護保険制度での国民健康保険団体連合会から介護報酬を受け取るまでのおよそ2ヵ月という期間の間に発生する人件費などの資金を早期に資金化することができます。

介護報酬ファクタリングサービスでの前払い額は基本的に介護給付金請求額の80%ですが、審査状況によっては前払い率が80%に満たない場合があることも注意しておきましょう。こうしたファクタリングサービスの仕組みは、介護事業者と集金代行サービス会社が債権譲渡契約を結び、国民健康保険団体連合会に対して債権譲渡の通知を行います。そして、通常通り介護給付金の請求を行うことで第1回目の前払い金を受け取ることができます。次に第2回目の残額を債権期日に受け取るという仕組みとなっています。

こうしたサービスを利用することで、介護事業を行う事業者が資金繰りに困ることを防ぐことができます。介護給付金の受け取りがおよそ40日程度早くなります。初期審査料や更新料が0円で行え、新規法人や新規事業者でも利用可能となっています。

特に新規事業で介護事業を行おうという事業者にとって資金繰りを安定させるのに非常に魅力的なサービスで有効的な手段といえます。連帯保証人や担保なども不要ですし、ぜひ介護報酬ファクタリングサービスの活用を検討してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *