ファクタリングの仕組みとは
2019年3月21日

介護給付金ファクタリングの特徴について

介護給付金ファクタリングは、介護事業者にとって大きなメリットのある制度です。

特に介護事業を始めたばかりの場合には非常に資金を効果的に回転させる上で非常に有意義な制度でもあります。介護給付金制度は、介護事業者が介護サービスを対象者に行った場合、対象者の要介護等級や介護サービスの点数に合わせて介護保険より負担される制度です。しかし、実際に給付金が支給されるのは介護サービスを行ってから最大2カ月程度かかるため、その期間は現金が入らない期間となってしまいます。

その期間は事業者の手元に現金がない状態となるため様々な物品の購入や給与の支払いなどは事前に資金を調達しなければならないことになり、そのキャッシュフローを大きく圧迫してしまうのです。介護給付金ファクタリングを行うことで本来は2か月後にしか入手できない現金を早期に入手できることでキャッシュフローを健全化し、早期に定着させることが出来ます。介護給付金ファクタリングの大きな特徴は、殆どのサービスが給付金の大半を早期に受け取った後、残りの部分も本来の介護給付金が支払われた後に入金される点です。

通常のビジネスで行われるファクタリングではその支払い時期に合わせ現金化の際の金額が大きく目減りしてしまうため、利用する側にとっては利益を圧迫してしまうことが問題になることが多いのですが、このサービスでは手数料も安いことから事業者に対する負担が少ないのが特長です。その為、事業を立ち上げたばかりで資金繰りが苦しい際には効果的に利用することが出来るサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *