ファクタリングの仕組みとは
2019年4月3日

売掛債権は譲渡が可能です

売掛金や受取手形などの売掛債権は、予め約束していた期日に支払ってもらうのが社会的なルールとなっています。

しかし、時には資金調達の目的などで予定日よりも早く回収したいといったケースがあります。繋ぎとして銀行から借り入れが出来れば何の問題もありませんが、いつも上手く行くとは限りません。とは言え取引先に早めに支払うように要求するのは信用問題に関わるので避けたいところです。取引先に出来る限り迷惑を掛けずに売掛債権を回収したいのであれば、売掛債権買取サービスを利用するのが得策です。

このサービスは一般的にファクタリングと呼ばれています。買取サービスはファクタリング会社に売掛債権を譲渡することで、支払期日よりも早く現金化できる方法です。取引にはファクタリング会社とのみやり取りをする2社間取引と、取引先に譲渡することを予め知らせてから行う3社間取引があります。どちらのサービスを利用するかは、現金化の希望日時・受取額・取引先に知られても良いかどうかで決まります。

例えば、取引先に知られず手数料が割高になっても早く現金化したい場合は2社間取引を利用するのが良いでしょう。一方、受取日時にある程度の余裕があり、取引先に知られても問題が無く満額に近い金額を受け取りたい場合は3社間取引を利用します。ファクタリングは会社によってサービスの内容や必要書類などが変わってきますので、利用を考えている場合は事前に複数の会社を比較しておくのが理想です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *