ファクタリングの仕組みとは
2019年4月9日

売掛債権を現金化できるファクタリング

日本の企業はほとんどの場合、サービスや商品の代金は後払いになります。

支払い期日に支払われるのを待っている売上金のことを売掛金または売掛債権といいます。顧客側からすると本来支払うべきサービスや商品の大金を一時的に借りているような状態になるため売掛債権と言う言葉が使われますが、実際にはほとんどの場合期日までに支払いが行われます。そんな売掛債権に着目した企業の資金調達が可能な新しいサービスがファクタリングです。通常資金調達のために銀行等から受ける融資の際には、その金額に見合う担保が必要になります。

また返済が可能かどうかを、事業規模や資本金等の面から審査されるので、事業規模の小さい企業は売り上げが好調であっても融資が受けられないと言う問題がありました。ファクタリングはその企業の売掛債権を買い取り、手数料を差し引いた金額を現金で提供すると言うサービスです。

ファクタリングのサービス提供会社からすれば、期日までの入金がほぼ確定的な安心できる担保のようなもので、企業側からすれば、自社の売り上げを前倒しで現金化するようなものなのでともに安心できるシステムになっています。売掛債権自体が非常に信用度の高いものなので、融資を受ける際のような厳しい審査はなく、中小企業でも比較的容易に資金調達が可能なサービスで、最短即日での現金化が可能です。今後銀行の融資に肩を並べるような新しい資金調達の形になることが期待されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *