ファクタリングの仕組みとは
2019年4月12日

売掛債権を現金化できるファクタリングサービス

中小企業や、銀行の融資を受けるのが難しい会社の資金調達の方法として近年注目を集めているのが、ファクタリングサービスです。

サービス提供会社が企業の売掛債権を買い取り現金化すると言うサービスで、最短で即日現金化できるスピードと、銀行の融資のような厳しい審査が必要なく、売掛債権自体が担保となるので担保を用意する必要がないと言う点から現金を必要としている多くの会社が利用しています。売掛債権は、サービスや商品の代金が企業に振り込まれる期日を待っている状態なので、顧客となる会社によほどの信用問題や倒産の危機がない限り、期日までに確実に支払われることが期待できます。

このため、サービス提供会社としても少ないリスクで買い取ることができます。企業としては、期日まで待たずに現金を受け取ることができるので、手数料がかかったとしても現金が必要な場面ですぐに用意できるという魅力があります。

特に内部に留保金のない中小企業や零細企業の場合は、現金が必要になったときにすぐに用意することができず、売掛金の入金を待っていてはビジネスのタイミングを逃したり相手の信用をしなってしまったりすることもあるため、こうしたサービスの需要は高まってきています。売掛債権の現金化と言う新しいスタイルですが、こうした理由から中小企業をはじめとした資金調達が難しい会社の高い需要に支えられて、今後もさらに拡大していくことが予想されるサービスです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *