ファクタリングの仕組みとは
2019年5月3日

ファクタリングと他の資金調達方法の比較

ファクタリングは会社の資金調達法の一種ですが、資金調達の方法は他にも色々あります。

それら他の方法と比較してみることで、ファクタリングの特性というものも浮かび上がってくるでしょう。まず、資金調達の王道である銀行融資と比べた場合、調達のためのコストは銀行の方が圧倒的に安いです。利息が1~3%くらいですから、手数料が最高で30%くらい取られてしまうファクタリングの比較してずっと安いといえます。はっきり言えば、銀行から借りられるのならば、それが一番いい選択肢です。しかし現実は厳しく、銀行はそう簡単にお金を貸してくれません。

しっかりとした事業計画や担保・保証人などが求められますし、実際に融資してくれるまでとても時間がかかります。その点、ファクタリングは現金化までのスピードが圧倒的に速いです。最短なら即日で現金化することもできてしまいますから、今すぐに資金を調達したいという場合はとても重宝します。

一方、消費者金融業者などが提供してる無担保型のビジネスローンは審査が速く、これも最短なら即日で融資してくれるようなところもあります。しかし、銀行融資と比較すると利息が非常に高く、こんなのを長期間利用していたら利息がかさんで、そのうち首が回らなくなるでしょう。無担保型ビジネスローンは、少額を短期間だけ利用するというような使い方でないと厳しいです。その点、ファクタリングは融資というわけではありませんから、高い利息に苦しめられる心配がないので気楽です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *