ファクタリングの仕組みとは
2019年5月21日

ファクタリングを実施するときに比較すべきこと

ファクタリングとは、企業が有している売掛金などの債権を、専門の業者が買い取ることで資金を調達する一連の取引をいいます。

大きな目的かつメリットとしては、通常期間が定められている債権の資金回収が早まることにより、企業のキャッシュフローの流れをより円滑にすることができ、回収した資金を他の投資や留保などに回すことが可能となることが挙げられます。このようなメリットを最大限に享受するためにファクタリングを行う際には、様々な要素の「比較」を十分に行うことが重要となります。

まずは基本中の基本である、ファクタリング会社を比較することです。ポイントは、その会社の実績や手数料、回収期間をしっかりと吟味することが挙げられます。手数料が割高であれば、結果的に回収できる資金が減るし、回収期間が長ければ、それだけ他の投資への機会が遅れたり、資金ショートのリスクが高まったりと、メリットを高めるどころかデメリットやリスクを高めることに繋がる可能性があるため、前述した要素を比較することは非常に重要といえるでしょう。

次に、ファクタリングの形態を比較する必要があります。具体的には、二社間であるか三社間であるかであり、これは債権の対象である取引先を介するか介さないかという違いになります。取引先を介すれば、一般的にファクタリングに係る手数料が安くなったり、確実性が増したりというメリットがありますが、資金に苦しんでいるのではないかという懸念を与えてしまうというデメリットもあります。そのため、取引先を介するか否か、つまり二社間か三社間かを比較することも忘れないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *